2021/04/04〜2021/11/07

さとやまで開催されたイベント報告(2021/04/04〜2021/11/07)です。2016年10月2日以前はこちら

2021/11/07

秋の木々と実(参加24名)

コロナ禍で中止していた観察会を半年ぶりに再開しました。講師は自然通信社の田中利勝さん。穏やかな小春日和のなか、市野谷の森の林縁を歩いたあと森の中へも入って、色づき始めた木々や実をゆっくり観察しました。流山での紅葉の盛りは11月下旬から12月初めですが、すでにウワミズザクラやツタなどの葉が秋色に変わってきています。田中さんが指さす木々の枝先には、ネムノキ、ムクロジ、マメガキ、イヌシデ、ムクノキ、ムラサキシキブ、シロダモ、ゴンズイ、ハリギリなど、参加者が驚くほど様々な実が生っています。地面には、シラカシやコナラ、クヌギなどのドングリが落ちています。実の形や色はじつに多様です、田中さんから「木はどうやって増えるのだろう?」と樹木のいろいろな“子孫繁栄戦略”の話も聞きました。普段は気付かない木の実の面白さが分かって楽しい観察会となりました。

イベント画像

樹木の観察と解説

イベント画像

樹木の観察と解説

イベント画像

樹木の観察と解説

イベント画像

樹木の観察と解説

イベント画像

ネムノキの豆果

イベント画像

ムクロジの果実

イベント画像

ゴンズイの果実(黒い部分は種子)

イベント画像

マメガキの果実

イベント画像

キヅタ(フユヅタ)の花序

イベント画像

ツタ(ナツヅタ)の紅葉始まり

イベント画像

ハリギリの果実(未成熟)

イベント画像

コナラの堅果(どんぐり)

イベント画像

シラカシの堅果(どんぐり)

イベント画像

ムクノキの果実

イベント画像

イヌシデの果穂

イベント画像

サルトリイバラの果実

トップへ戻る
2021/04/04

春の自然(参加38名)

森いっぱいに広がった新緑の樹木を観察しました。講師は自然通信社の田中利勝さん。親子連れやご夫婦、高校生や会社の友人など、幅広い参加者が集まりました。ムクロジの種を昔は羽根つきの球にしていました。果実は水につけると泡立つ成分が含まれていて、石鹸替わりに使われていたそうです。ミズキは水を吸い上げる力が強く、お正月の飾りに使われます。マメガキの果実からは渋を取り、番傘に塗って防水効果を高めたとのことです。ムクノキは秋に甘い味がする黒い果実が実り、昔の子供たちはムクの実を食べるために木に登って遊んだそうです。エノキの葉は、オオムラサキ、テングチョウ、ゴマダラチョウの幼虫やタマムシのエサとなります。クサギは夏に美しい白い花をつけ、秋に赤と青のコントラストの美しい果実をつけます。その他にも林縁から森の中まで多くの樹木の観察ができ、樹木についての興味がいっそう深まった一日でした。

イベント画像

樹木の解説をする田中さん

イベント画像

樹木の解説をする田中さん

イベント画像

ムクロジの果実

イベント画像

クヌギの花序

イベント画像

ヤマコウバシの花と若葉

イベント画像

ミズキの若葉

イベント画像

サルトリイバラの花

イベント画像

シロダモの若葉

トップへ戻る